名倉堂 じんどう整骨院アスリート はり・きゅう・マッサージ
住所
電話番号
メールアドレス
   
鼠径部痛症候群(グロインペイン症候群)
 


「股関節の痛みがいつまでも取れない」
「股関節周辺に違和感がいつもある」


その症状は 「鼠径部痛症候群(グロインペイン症候群)」 「FAI」 「関節唇損傷」かもしれません。

当院「じんどう整骨院アスリート」は
「鼠径部痛症候群(グロインペイン症候群)」 「FAI」 「関節唇損傷」
の治療を
下記病院・治療院の先生方と提携して治療すると共に
アスレティックリハビリテーションを実施できるスタッフが揃っています。

JIN整形外科スポーツクリニック  仁 賀 定 雄 先生
医療法人 川久保病院      川久保 武生 先生
AR-Ex尾山台整形外科 内 田 宗 志
綿 貫  誠
宇都宮 啓
先生
先生
先生
産業医科大学若松病院   内 田 宗 志 先生


 
症状
 

・ 立った状態で靴下を履こうと足を挙げた時
・ 地面にしゃがもうとした時、くしゃみや咳をした時
・ 駆け足をした時などに股関節周辺が痛い時

上記の症状等で検査をしても原因がハッキリせず長引いている方! それは
「鼠径部痛症候群(グロインペイン症候群)」
FAI」「関節唇損傷」
かもしれません。

痛くなる場所は
「下腹部」 「恥骨周囲」 「股関節の付け根」
「太ももの内側」 「お尻や肛門周囲」
などがあります。


部位
 
鼠径周辺部痛FAI・関節唇損傷の症状

@関節内病変
 ・関節唇損傷
 ・股関節インピンジメント(FAI)
 ・遊離体
 ・関節包弛緩
 ・大腿骨頭靭帯損傷
 ・関節軟骨損傷
 ・FAIと関節唇損傷で90%
   (Kelly and Philip pon 2005)
  
 ※FAI
   Femoroacetabular Impingement
 
 

A関節外病変
  ・腸腰筋腱炎
  ・腸脛靭帯炎
  ・中殿筋・小殿筋炎
  ・大転子滑液包炎
  ・疲労骨折
  ・内転勤肉離れ
  ・梨状筋商症候群
  ・仙腸関節炎

B股関節周辺病変
  ・恥骨結合炎
  ・スポーツヘルニア
  ・グロインペインシンドローム
   (鼠径部痛症候群)
     
原因と病態
 

「鼠径部痛症候群(グロインペイン症候群)」 「FAI」 「関節唇損傷」とは、何らかの原因により体幹〜下肢の可動性・安定性・協調性が失われた結果 、股関節周辺が機能不全に陥り、鼠径部周辺に様々な痛みを引き起こす症候群です。

つまり、腹筋・背筋が弱くなり、股関節周りの柔軟性と筋力も低下し、上半身と下半身のバランスが崩れた状態になっています。
 
   
診断と治療
  最初に、いつどのようにして痛くなったかを問診させて頂き、その後にお体の状態を見させて頂きます。
専門の評価用紙をもとに、股関節が痛くなっている原因を探っていきます。
また、画像診断が必要な場合は、お近くの医療機関をご紹介させて頂きます。
 
 
 メディカルリハビリの紹介

@ 頸椎−肩甲帯 機能機能 不全

A 胸郭の可動性低下

B 股関節可動性の低下

C コアの協調した安定性の低下

D 股関節−骨盤機能の低下

E 股関節周囲筋の機能低下